子待ち助産院のあゆみ

めぐみ助産院は、女性たちの力により、生まれた助産院です。

『産まされる出産』をしてきた女性たちが、次の世代の女性には自分らしい出産をしてほしいと願って一口10万円ずつの出資を募り、当院は生まれました。

ここには約200名の女性たちによる
     快適なマタニティライフ
     自然で納得のいく素敵な出産
     そしてアフターケアまで手作りで
という熱い思いが込められています。

『めぐみ助産院』は
多くの妊婦さん、赤ちゃん、その家族、そして支えてくれる人たちに恵まれますように!
という思いから名付けられました。

1990年2月13日のスタート以来、当院から2400人以上の新しい命が息づいています。

1990年2月13日
70人以上の女性たちに1口10万円で出資を募り、2800万円を元手に新座市に開業しました。

1997年7月7日
以前の助産院で出産してくださった方々を中心に、100人以上の方々から1口10万円の出資を募り、3800万円を元手に新しく土地を購入し、妊産婦にやさしい新築の助産院を新座市野火止6−15−10に建てました。

開業した1990年には11人の出産があり
2年目の1991年は24人
3年目の1992年は44人
そして1993年は68人と増え続け
開業して8年目には月10人以上のお産となりました。
1990年2月13日のスタート以来、当院から2400人以上の新しい命が息づいています。

2015年1月1日
めぐみ助産院から『子待ち助産院』に名称を変更しました。

お陰さまで今年26周年を迎えることができ、私自身一区切りがついたと思っています。
そこで、新たな気持ちをもって様々なことにチャレンジをしたいと思い立ちました。
自然分娩及び育児においては、待つことが大事で焦ったり急がせては上手くいきません。子供を待つという意味で子待ち助産院としました。

今後ともよろしくお願いいたします。