入院について

入院風景

入院時にお持ちいただくもの

お母さんもの
母子健康手帳、寝巻き2組、バスタオル、乳帯(授乳用ブラジャー)2枚、産褥ショーツ、洗面用具、カメラ

※当院で洗濯しますので名前を記入してお持ちください。

赤ちゃんのもの
衣服・肌着1組、おくるみまたはバスタオル1枚
布おむつの方:おむつ・オムツカバー1組
紙おむつの方:紙おむつ数枚

※ 退院時に必要です。入院中の赤ちゃんの衣類は、助産院でご用意しております。

助産院で用意してあるもの
スリッパ、ドライヤー、シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔料など。
普段使用しているものをご利用される場合は、お持ちください。

入院中の生活

0日目 (出産当日)
      入院診察
      分娩直後に授乳
1日目  痛くない乳房の手入れ
      沐浴見学
2日目  赤ちゃんが泣くたびに授乳
      沐浴見学
3日目  沐浴実習
      乳房自己管理法の指導
4日目  沐浴実習
      先天性代謝異常調査
      退院診察
      退院指導
※ご希望の方は、入院中に家庭健康療法イトオテルミーの施術を行います。(一回限り。なお入院費用に含まれております。)

 ♣ 授乳は赤ちゃんが泣くたびにしていただきます。
 ♣ 入院中、赤ちゃんはお母さんと添い寝します。
 ♣ 毎日赤ちゃんのお風呂(沐浴)があります。
 ♣ お母さんの入浴は2日目からです。
 ♣ 入院中、汚れた衣服などは当院で洗濯いたします。
 ♣ 面会時間は13:00〜20:00ですが、時間外になるときは申し出てください。
 ♣ 赤ちゃんのオムツは布オムツを使用しています。
 ♣ 子連れ入院・家族入院も可能です。その場合は有料となりますので事前にご相談ください。














お食事

子待ち助産院では、お母さんと赤ちゃんのための栄養と健康を考えたマクロビオティック※1を取り入れ、母乳に良い自然食を入院中の食事としてお出ししております。
食材は、「生活クラブ」や「よろづや」の自然食品、地元の産直野菜、「コープみらい(生協)」の食品を使っています。

お食事一例調理例:
<主菜> 魚料理等
<副菜> 煮物等
<副菜> 野菜、穀物、豆類等
<付け合せ> お新香等
<主食>玄米ごはん、雑穀、全粒粉等
<その他>味噌汁、お茶






お食事一例 調理例:
<主菜> 魚料理等
<副菜> 煮物等
<副菜> 野菜、穀物、豆類等
<付け合せ> お新香等
<主食>玄米ごはん、雑穀、全粒粉等
<その他>味噌汁、お茶

※毎食異なったメニューとなっております。
※食品アレルギー等ありましたら、事前にお知らせください。
お食事の一例です

(注)※1:マクロビオティックとは・・・

玄米や雑穀、全粒粉を主食、野菜や漬物や乾物、有機農産物などを副食とし、鰹節や煮干のだしや昆布、椎茸の出汁を使用して、化学調味料は一切使用しません。また、塩はにがりを含んだ自然塩、砂糖は使用せず、甘味は水飴、甘酒、甜菜糖、メープルシロップを使用します。このように、食品添加物を一切使用しない健康的な食事のことです。