20周年記念パーティー

20周年記念パーティー「恩送り〜ありがとうの連鎖〜」のご報告とお礼

20thパーティにて
2009年2月15日、20周年記念パーティー「恩送り〜ありがとうの連鎖〜」が練馬区光が丘のホテルカデンツァにて、盛大に行われました!
出席者は大人209名、子供209名(0歳の赤ちゃん含む)の参加で、大盛り上がりの素晴らしい会となりました。
当日は大きな混乱もなく、受付もスムーズにすみ、会場の準備の関係で10分ほど遅れて始まったものの、順調にプログラムがすすみました。これもひとえに皆様のご協力のおかげです。ありがとうございました。
会場の外には、めぐみ助産院の歴史を模造紙に書いて貼り出しました。
また、皆さんからお寄せいただいためぐみっこ達の写真も貼り出しました。
20thパーティにて エイサー海人(うみんちゅ)の皆さんによる威勢のいい太鼓と踊りで始まり、めぐみの新しい助産師の吉本さんも真ん中でにこにこ踊っていました。
以前めぐみでヨガを教えてくださっていたS先生も踊っていました。(S先生は沖縄のかたなのです)
その後、嘱託医のI先生のスピーチ、小松先生が助産院の歴史を説明しながらのスライド、少女時代の小松先生の映像なども出てきました。
そのあとはめぐみっこのお母さんたちによる余興が続きます。
会場中が掛け声をあげてのソーラン節、迫力のゴスペル、ダンスでは子供たちもステージ上で取り囲み、オペラでしっとりと癒され・・・etc。みなさん、才能あふれる方々ばかりです。
出席者の中で一番昔に生んだ方と、2000人目の赤ちゃんのお母さんにもスピーチをしていただきました。
お食事とご歓談の間、皆さんからお寄せいただいた写真をスライドにして上映しました。写真を提供してくださった皆様、ありがとうございました。
終盤では「崖の上のポニョ」をみんなで踊り、「ふるさと」を合唱しました。
後半はあわただしく抽選会はだいぶばたばたしてしまいましてすみません。でも、皆さん楽しんでいただけたようで、スタッフ一同ほっとしました。
「恩送り」という言葉を提案してくださったIさんはじめ、準備委員の方々は、ずいぶん前から集まりに参加して準備を手伝ってくださいました。心より感謝いたします。

(注)「恩送り」という言葉は、『美人の日本語』山下景子さんの本から引用しています。

〜 Special Thanks to 〜
20thパーティにて 司会のK様、
姫乃響几様(ピアノ・歌) http://sophia-heart.com/index.html
エイサー海人(うみんちゅ)の皆様、
ゴスペルクワイアJJの皆様、
民謡泉玉会(三味線)の皆様、
ダンスのS様ご夫妻、
ソーラン節のO様、
カメラマンH様、
手作りせっけん 所様 http://snowflake.cart.fc2.com
スタイリッシュおんぶひも (おもいでおんぶ) 木本様 http://omoideonbu.ocnk.net/
むつう整体 イネイトサロン新座 並木様 http://www.innate-salon.com/salons/niiza.html
シフォンケーキ F様、
パン教室 K先生、
障子張替 I様、
悠健堂(鍼灸) 宇田川様 http://www.geocities.jp/yuukendou89/

そのほかにもたくさんの方々から商品券などの商品を提供していただきました。ありがとうございました。


写真について
20thパーティにて パーティの写真をインターネットで閲覧いただけます。
ご希望の方は、bh_megumi@yahoo.co.jpまで、
メールの件名を「20周年記念パーティー閲覧希望」とし、
お名前をお書きのうえお送りください。
折り返し招待メールを送らせていただきます。

なお、閲覧は2009年8月末までとさせていただきます。

また、同じ写真をアルバムにしてありますので、めぐみ助産院までお越しくだされば自由にご覧いただけます。

< 20周年を迎えて 〜 そしてこれから 〜 >

20thパーティにて
2月15日の20周年パーティが過ぎてもう何ヶ月かたった今も、思い出すだけで楽しい気持ちになるくらい、皆様のお陰でとても良い素敵なパーティになりました。皆様のご協力のお陰です。感謝致します。
お誘いの手紙、返信用のはがき印刷、切手入れ、集計、会費の確認、席決めなど、たくさんの仕事がありました。パーティの実行委員の皆様には何回となく集まっていただいて、本当にお疲れ様でした。
当日の参加人数はスタッフも入れて合計418人と、本当に盛大なパーティとなりました。皆さんありがとうございました。
石川、長崎、新潟、京都、長野、宮城、沖縄など遠方から参加してくださった方もたくさんいました。遠いところ、お疲れさまでした。
おみやげの品物も、手作りシフォンケーキとパン教室の先生のブリオッシュ・パン・デピスを提供していただきました。ありがとうございました。

パーティの余興では、エイサーをプログラムの一番最初にしたのは景気づけになればと思ったからですが、思ったとおりに元気をいただきました。ヨガのS先生が席から立ち上がって踊りだし、それを見て涙が出てきてしまいました。
終わりのほうでは、めぐみで生まれた子供たちが、花束をプレゼントしてくれました。全く聞いていなくてサプライズでしたので、とても嬉しかったです。
ビールもたくさん飲み、ごちそうを食べて、3時間があっという間に過ぎました。20年間、時にはつらかったこともありましたが、それらが全部吹っ飛んでしまうくらいでした。
この楽しかった思いを今後の仕事に活かし、更なる努力をしていきます。

お産をすることで人間的にさらなる成長をします。自分を大切にしながら人とのかかわりができるような人をめざしてお互いにがんばりましょう。
めぐみ助産院も常に成長し続けたいと願っています。
小松とし子